ブログカスタマイズ

フリッカー(Flickr)にアップした画像をWordPressに簡単に貼るプラグイン

レンタルサーバーをMixHostに決めた際に、ブログ(ワードプレス)に貼る画像は外部からリンクさせようと思ってたのでフリッカー(Flickr)のアカウントを取りました。

というのもMixhostはSSDを使用しているためサーバーの使用容量が結構少なく、画像を直でアップしていくとおそらくすぐに容量がカツカツになるだろうと思いましたので。

で、フリッカー(Flickr)から画像を引っ張ってくる時にいちいちurlコピーするなんてちょっと面倒だなー、なんだかいやだなーと思ってプラグインを探していたところ、かなり楽に貼り付けれるものがありました。

「wp-flickr-press」というプラグインです。

このプラグインをインストールしておくと記事を書くときに

赤丸で囲ったようにフリッカー(Flickr:面倒なので以下「Flickr」と表記します)のアイコンが表示され、クリックするとFlickrにアップした画像を選択できるようになるのです!

これは便利だ!ということでwp-flickr-pressをすぐさまインストールしたのでした。

インストールまでにまぁまぁ手順が多かったので、今回は備忘録も兼ねてwp-flickr-pressのインストールの手順を記事にしとこうと思います。

WordPressにwp-flickr-pressをインストールする

まずはWordPressの[プラグイン]→[新規追加]をクリック、検索窓に「flickr」と入力します。

 

その中からwp-flickr-pressを見つけ、「今すぐインストール」をクリックします。

※プラグインの内容が記になる方は「詳細情報」で確認してからにしてください。

少し待つと「今すぐインストール」というボタンが「有効化」に変わりますので、「有効化」をクリックしてください。

[プラグイン]→[インストール済みプラグイン]に表示され、背景が水色になっていればインストール自体は完了です。

次はFlickrと連携できるように設定をしていきます。

OAuth情報を設定していく

WordPressとFlickrを連携させるためにOAuth情報の設定をします。

[設定]→[OAuth情報]をクリック、APIキー/シークレットを設定します。

このAPIキー/シークレットはFlickrで取得する必要があるので、Flickrのページへ移動します。

現在設定をしているWordPressのページはそのままにして、新しいタブでFlickrページを開いてください。

Flickrにログインしたら、右上の検索窓に「APP」と入れます。

すると検索候補に「The APP Garden」と出てきますのでクリックしてください。

「Get an API Key」をクリックすると

個人サイトか商用サイトかを選択する画面に遷移します。

ちなみに個人サイトは左の「APPLY FOR A NON-COMMERCIAL KEY」、商用サイトは右の「COMMERCIAL KEY」です。

どちらかを選択します。

上の画像ページに遷移したら必要事項を入力していきます。

「A」はアプリケーションの名前です。好きな名前でオッケーです。

私はわかりやすいように自サイトの名前を含めました。

「B」は使用用途を入力します。

「C」、「D」のチェックボックスにチェックを入れ、[SUBMIT]ボタンを押します。

※「C」、「D」は利用規約なのでGoogle翻訳するなどしてきちんと読んでおいてください。

すると上画像のように「Key」と「Secret」が表示されます。

これを先ほど開いておいたWordPressのページに戻って、[OAuth情報]のAPIキー/シークレットに入力してください。

※Flickrページにまだ入力しなければならない事項があるので、ページは閉じずそのままにしておいてください。

[OAuth情報]のAPIキーとシークレットにそれぞれコピペ入力したら、その下の「Flickrアプリに設定するコールバックURL」のURLをコピーします。

 

先ほど開いておいたFlickr画面へ移動し、ページ中ほどの「Apps by You.」をクリックします。

The App Gardenページに遷移したら、先ほど作成したアプリケーション名をクリックします。

ページが変わったら、右の方にある「Edit」をクリックします。

App Typeを「Web Application」にチェックを入れ、Callback URLに先ほどコピーしたURLをペーストし、[SAVE CHANGES]ボタンをクリックします。

上記のような画面(左上にチェックマークがつく)になればOKです。

しかし、まだ設定は続きます(笑)

WordPressの「OAUthトークン」というところに何も表示されていないので、これではまだ使用できません。

とりあえず、そのままにしておいて画像貼り付けの際の設定をしていきます。

OAuth情報画面を下の方にスクロールしていくとFile URL Size、リンクターゲット、位置などの設定ができます。このあたりはお好みで設定してください。

設定が終わったら一番下の[更新]をクリック。

設定が完了したら、[OAuth情報のOAuthトークンを更新]ボタンをクリックします。

Flickrのポップアップ画面が表示されるので、「OK,I’LL AUTHORIZE IT」をクリックします。

するとOAuthトークン欄に情報が入り、そのすぐ下に

まだ、更新が完了していません。更新を行ってください。

と表示が出てきますので

それに従い再度[更新]ボタンをクリックします。

 

上記の赤字が消えたら設定完了です。

実際に使ってみる

きちんと使えるかどうか動作確認をしてみましょう。

事前にFlickrに何か画像をアップしておいてください。

[投稿]→[新規追加]をクリックし、投稿ページを開きます。

[Add Flickr]ボタンクリックしてみましょう。

Flickrにアップロードした画像がサムネイル表示されていると思うので使いたい画像を選択し、[投稿に挿入]をクリックします。

どうでしょうか?投稿ページに画像がうまく挿入できていれば成功です!

心配なこと

現在一点心配なことがあります。このwp-flickr-pressというアプリがWordPressの最新バージジョンではテストされていないところです(画像を見ていただくと注意書きが出ているのがわかると思います)。

ただ、このプラグインは詳細情報を見る限り結構頻繁にアップデートされているので近いうちにアップデートされるだろうと思い、インストールしております。

気になる方は少し待ってからインストールしたほうがいいと思います。

追記:心配なこと解決しました!!

wp-flickr-pressはWordpress最新版に対応されていました!

Flickrのアイコンではなく[メディアを追加]をクリックし画面遷移すると、左のほうに「FlickrPress」という項目があります。

そちらをクリックするとFlickrの写真を貼り付けることが可能です。

これで気兼ねなくおすすめができます!

まとめ

wp-flickr-pressというプラグインのおかげでMixhostの懸念事項であった容量が少ないという欠点を気にせずガンガン写真を挿入できるようになりました!

本当に便利なプラグインです!

このプラグインを入れるにあたって「Webまる」さんというサイトを見てインストールしました。

とてもわかりやすかったです。ありがとうございました!

Googleフォトで簡単に画像を貼り付ける方法も見つけたのでそのうちそちらも記事にしておこうと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとねっ!

では、バイバイビー!!

ABOUT ME
ウレナイマン
週刊少年誌の年二回の漫画賞に生まれて初めて描いた漫画が受賞。 自分に才能があると勘違いし調子に乗って描かない日々が続く。その後もだらだらと漫画を続け、気づけば現在6冊の単行本が出ています。しかし全然売れてない(当然)! 売れない漫画家「ウレナイマン」から、売れてる漫画家「ウレテルマン」への転生を目指し試行錯誤中です。3Dを勉強中。